プロフィール

氏名 園田 裕史 (そのだ ひろし)
生年月日 昭和52年 2月18日生
家族 義父、妻、長男(14歳)、次男(10歳)
仕事・役職 大村東彼防衛協会 会長
大村湾をきれいにする会 会長
マニフェスト大賞 実行委員
長崎県立大村工業高校同窓会 理事
パパだけの絵本読み会『えほん侍』 メンバー
二児の父親
実績 早稲田大学マニフェスト研究所主管「マニフェスト大賞」第3回・第6回大会で2度の受賞
各種機関誌や書籍への寄稿・編集協力 多数
県内外での講演実績 多数

学歴・経歴

学歴 大村市立竹松小学校・鬼橋ソフトボールクラブ
大村市立郡中学校・野球部
長崎県立大村工業高等学校 電子工学科・ラグビー部
大村看護高等専修学校
学校法人福岡保健学院 福岡看護専門学校
経歴 大村市立病院(現 市立大村市民病院)
医療法人カメリア大村共立病院
平成19年4月 大村市議会議員選挙(1期目)1601票 当選
平成23年4月 大村市議会議員選挙(2期目)1662票 当選
平成26年10月 大村市長選挙10116票 落選
平成27年4月 大村市議会議員選挙(3期目)4437票 当選
平成27年11月 大村市長選挙23339票 当選(1期目)

政治を志したきっかけ

平成18年秋の大村市長選挙で、横断幕に「選挙に行こう」を掲げ、市内各所で街頭演説キャンペーンを展開。様々な活動を通して、行政や議会の場に市民の声をよりダイレクトに届けたいという想い、みんなが選挙に行きたくなる政治を実現したい。
仲間とともに車を一切使わず、自転車で市内全域を周り、各所で街頭演説を繰り返し政策と想いを訴え続けました。 地盤も看板も鞄もない無名の新人に、1601票もの支持をいただきました。その1票の重みを胸に、僕は政治家として歩みはじめました。